Menu
Close 

   

女性がされて嬉しいボディタッチ

 

男性としては勇気がいるものですがボディタッチもされて嬉しいと思う女性もいます。

どうしても、下心があるような印象を持ちがちですが、自然なボディタッチかつシチュエーションによっては女性を落とす際にも有効な手段です。

今回は女性がされて嬉しいボディタッチについて見ていきましょう。

【1】手や爪を褒めてそっと触れる

女性というのは、手を褒められると想像以上に嬉しいものです。

手というのは顔の次に良く見られる場所ですので、女性もお手入れやネイルなので手のケアには怠りがないのです。

 

「爪綺麗にしてるんだね」「女の子らしい小さな手だね」「指が細くて綺麗な手だね」などと言われ、その手を確かめる様に、手を触れられると女性の心は小躍り状態なのです。

 

意外と女性もロマンチストなので、そのままの流れで手を繋いだりすると、一瞬にして恋に落ちてしまう可能性もあります。

しかし意中の相手ではなく、どうでもいい男性に手を触れられると寒気がしてしまう場合も。

 

そして誰にでも手を触るのはNGです。

周りから見るとただの軽い男性にしか見られませんし、女性の中で争いが起きることも・・・

 

更に冬場は家事などで手がどうしても荒れてしまう女性もいます。

また、お酒を飲んだ次の日なども、手が浮腫んでいる場合もあります。

 

そういう女性を見かけたら、あえて手の事には触れてあげない様にしましょう。

あくまで、手のコンディションがいい時だけ褒めて触ってあげることがポイントです。

【2】頭をポンポンと撫でる

頭をポンポンされるのは漫画でも、お決まりのシーンですよね。

女性は、頭ポンポンに凄く憧れている方が多いです。

髪の毛を触られて嬉しい女性も意外と多いのです。

頭や髪の毛を触られると、なんだかペットの様な可愛がられている様な感覚になり、その男性に甘えたくなってしまいます。

髪の毛などもお手入れに気合が入っている女性も多いです。

 

また、頭を撫でれたりすると、胸がキューンと熱くなります。

例えば、喧嘩をした時なども、男性から優しく頭をなでなでしてあげると、女性も嬉しさのあまりニヤついてしまい許してくれることもあります。

頭を触られる事は特別感があるので、やり過ぎるといざという時効果がなくなるので、ほどよく女性の頭を撫でてあげましょう。

Sponsored Link

【3】冗談交じりに肩をタッチする

女性は意中の相手が仲間の前でボディタッチをしてこられるのが、すごく嬉しいものなのです。

例えば、飲み会の席で、自分の肩に手をかけて笑っていたり大勢お前で自分だけに触れている特別感も嬉しいのです。

歩いているとき、後ろからポンッと肩を叩いて「おはよう」と挨拶を言われると女性はその時、漫画の主人公にでもなったんじゃないかと思うほどの優越感にひたっています。

 

その日1日気分は絶好調で、嫌な仕事も乗り越えられる、意外と女性も単純なのかもしれません。

夜も寝る前布団の中で今日のことを思い出しニヤニヤが止まらない事もあります。

しかし、後ろから、いきなり触られることを嫌いな女性もいるので注意してください。

 

【4】気持ちが向いているときに腰に手を回す

腰と言うのは特別な場所であり、気安く触れない場所です。

へたをすれば、セクハラなんて言われてしまう事もあるかもしれませんので

腰に手を回す際は、自分と相手の気持ちを確かめてから行うようにしましょう。

また意中の相手に腰に手を回されると女性も、とても嬉しく、守ってもらえている様な感覚になります。

ちょっと、今日は夜彼女とスキンシップがしたいな・・・なんて思った日は、昼間のデート中から積極的に腰に手を回して歩いたりすると夜彼女に断られにくくなるかもしれません。

しかし公衆の面前であまり腰に手を回したりと、イチャイチャしすぎは周りから見ると気まずくいい気分にはなれませんので場所をわきまえて行動することも大切です。

 

Sponsored Link

【5】飲み会などの時テーブルの下で手を繋ぐ

このシチュエーションは女性にはたまりません。

 

皆がわいわいしている中でこっそりと、手を繋いでいるともう飲み会どころの騒ぎではなくなってしまいます。

いけない事をしている気分になり、さらに気持ちが盛り上がります。

 

こっそりと、そのまま二人でフェードアウトするのもいいかもしれません。

飲み会の席でこっそり手を繋ぐと女性はもうその気になってしまいますので、結局それ以上何も無く皆とそれぞれ帰宅。

なんてならない様にしましょう。

 

女性はガッカリしてしまい、次の日から急に冷たくしてくる可能性も。

そこまでしたなら、男性として最後まで頑張っていただきたいものですね。

 

また楽しいからといって、二人の世界に入りすぎてしまうと回りはドン引きの可能性もあります。周りにも気を使いながらこっそりと楽しめるようになれると良いですね。

 

【6】下心のないスキンシップ

女性の中では下心のあるスキンシップを嫌がる女性がいることを忘れないでください。

やはり、その女性に興味が有るので男性も女性を触りたくなってしまうと思います。

ですが、下心を頑張って隠しながらさわやかに、さりげなくスキンシップをとるようにしましょう。

下心を嫌がる女性には、徐々に責めていきましょう。

手を握ったりしても、なかなかキスをしてこない彼に女性は、誠実さを感じ高感度が増します。

 

そしてその男性の信頼感が増すので、少しずつスキンシップを増やしていきましょう。ガードが固い彼女も受け入れてくれる様になるはずです。

焦りは禁物ですよ。上手に見極めて責めていきましょう!!

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.