Menu
Close 

   

実年齢より老けて見える女性の特徴4つ

 

【1】肌が汚い

実年齢より老けて見えるかどうかの大きな要素として、

肌の綺麗さが挙げられます。

十代の肌は潤いや弾力が違うと、

よく言いますよね。

成人女性でも肌が綺麗かどうかで、

若く見られるどうか決まってきます。

実年齢より老けて見える女性は、

肌が汚いことが多いです。

潤いがなく、

カサカサとした肌になり、

全体的に肌が痛んでいます。

肌の潤いは、

加齢とともに少なくなり、

年をとると、

肌が乾燥しやすい傾向があります。

そのため、

肌がカサカサして汚いと、

年老いて見られるわけです。

特に一番見られるのは顔です。

顔はその人のことを認識する上で、

一番大きな要素と言っても過言ではありません。

顔の肌が汚いかどうかで、

実年齢より若く見えるかどうか判断されます。

また、

顔以外では、

手が加齢の影響が出やすいため、

手を見て判断されることもあります。

【2】ファッションが地味

実年齢より老けて見える女性は、

ファッションが地味なことが多いです。

ファッションが地味な女性と、

ファッションが派手な女性がいたら、

ファッションが派手な女性の方が若く見えます。

地味なファッションを好んでいるため、

全体的な雰囲気が落ち着いて見えて、

年齢を上に見られるということが増えます。

一般的に、

若さは派手なことやエネルギーがあふれていること、

老いは落ち着いていることやエネルギーがあまりないこと、

というイメージがあります。

そのため、

ファッションが地味だとそのイメージに引っ張られて、

実年齢より老けて見られるわけです。

また、

地味な格好を好む人は、

エネルギッシュでないことも多く、

それがまた、

実年齢よりも老けて見られてしまう原因でもあります。

Sponsored Link

【3】化粧が厚すぎる

意外に思われるかもしれませんが、

化粧が厚すぎると、

実年齢より老けて見られることがあります。

普通に考えたら、

化粧をばっちり決めているのだから、

若く見られそうなものです。

実際に若く見られるということも多いのですが、

その化粧があまりにも厚い場合は、

それだけ厚く化粧をしなければならないのかと、

相手に思われます。

それだけ化粧をする必要があるのだから、

老けているのだろうと無意識に思われ、

年上に見られてしまいます。

若いときは、

わざわざ厚く化粧をする必要はありません。

肌が綺麗なため、

素材を生かしているだけで、

十分に美しいからです。

年齢を重ねると、

そういうわけにはいきません。

肌の潤いが減り、

しわやシミが増えて、

化粧をする必要が出てきます。

そのため、

薄く綺麗な化粧は若さを連想させますが、

異常な厚化粧でごまかしていると、

年齢を感じさせてしまうわけです。

【4】髪の手入れをしていない

髪の毛の綺麗さも、

年齢を判断するのに、

大きな要素です。

基本的に若い方が髪の量が多く、

艶があってとても綺麗です。

年齢を重ねると、

段々髪に潤いがなくなっていきます。

そのため、

髪の毛の手入れを怠り、

綺麗な状態を保っていないと、

実年齢よりも老けて見られてしまいます。

ぼさぼさの状態だと痛んだ髪が目立つため、

余計に実年齢より老けて見られてしまいます。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.