Menu
Close 

   

面白い人の特徴4つ

 

【1】人によって話題を変えている

面白い人は、

面白いネタを持っているだけではありません。

相手や状況によって、

適切に話題を変えることができます。

面白い人は、

空気を読む力があります。

ある人にとっては面白い話題でも、

別の人にとってはとても退屈である、

ということは珍しくありません。

相手のことを考えずに、

自分が面白いと思うから話しているだけでは、

相手に満足してもらうことができません。

面白い人は、

相手の表情に敏感です。

また、

相手の発言をよく聞いています。

自分ばかり話しているようで、

相手の言葉をきちんと拾います。

その場その場で適切な言葉遣いや話題を選び、

トークを展開することができます。

【2】話のレパートリーが多い

面白くない人は、

いつも同じような話をします。

そのため、

聞く側もうんざりしてしまい、

つまらないと思うようになります。

飽きてしまうわけです。

面白い人は、

話のレパートリーが多いです。

人よりもアンテナが敏感なのです。

興味を持ったらすぐに飛びついて知ろうとします。

そのため、

話のネタに困ることがありません。

色々なパターンの話をしてくれるため、

周りは飽きることなく面白い人の話を聞きます。

また話を聞きたいと思います。

面白い人自身も、

様々なことに興味を持っているため、

色々な話を自分の言葉で語って楽しんでいます。

無理して面白くしようとしていないため、

トークが自然で、

聞く側は素直に楽しむことができ、

面白いと感じます。

Sponsored Link

【3】ツッコミが鋭い

面白い人は、

ツッコミが鋭くて的確です。

ツッコミは、

場を和ませて笑いに変える、

重要な要素であると言えます。

面白い人は自分だけでも面白い話ができます。

しかしツッコミをすることによって、

他人を生かして場を盛り上げることが可能です。

ツッコミをすることによって、

みんなで盛り上がっているという雰囲気を作ることができます。

へたなツッコミをすればただの悪口になり、

逆に場の空気が微妙なものになってしまいます。

面白い人は、

人のことをよく見ています。

人の話をよく聞いています。

そのため、

へたなツッコミをすることがありません。

ツッコミどころを敏感に察知することができるのです。

頭の回転が速く、

どう言うことが適切か無意識に感じ取り、

ツッコミを入れることができます。

【4】話にユーモアがある

面白い人は話にユーモアがあります。

単純に自分の知っていることや経験したことを話すのではなく、

ユーモアを交えて、

おもしろおかしく話そうとします。

遊び心を持つ心のゆとりがあるとも言えます。

話をすること自体が得意で余裕があり、

いろんなものに興味を持っているため、

ユーモアのある話をすることができます。

ユーモアは、

どこか知的な雰囲気を感じさせます。

話を聞いている人までも知的になったような気分になれます。

話を聞いている人は、

ユーモアによってその面白い人に魅力を感じ、

もっと話を聞きたいと思うわけです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.