Menu
Close 

   

恋愛でやりがちな後悔する失敗4つ

 

恋愛関係のパートナーができると、

人間だれしも浮足立ってしまうものです。

 

さらには、その関係性ができてから時間が経てば経つほど

本来そうすべきではなかった失敗を犯してしまいます。

 

今回は、恋愛でやりがちな後悔する失敗を4つ紹介していきます。

【1】思いや気持ちを言葉にしない

関係性がある程度出来てくると

思いを口にする機会は

どうしても減ってしまいます。

 

不思議なもので、

思いを口にしない側の人間の方が

自分の気持ちは伝わっていると

思っている人が多いです。

 

自分の気持ちを知っている分

言葉にして相手に伝えるのを

忘れてしまいがちですが、

ちゃんと言葉にして

思いや気持ちは伝わりません。

 

伝えないことによって、

相手の気持ちと齟齬が生まれないように

少し気を配るだけでも関係は

維持できるので留意しておくと良いでしょう。

 

【2】束縛をしすぎてしまう

どんな人間も余程のことが無い限り、

束縛されることを嫌います。

 

付き合い始めの時期は

ちょっとした束縛が嬉しく

感じることもありますが

基本的には束縛はしない方が良いです。

 

束縛は相手に負担をかけることになりますし、

度合いによっては相手以外にも

影響がでることもあります。

 

束縛してしまった側も

振り返った時に後味悪いので

もしも自覚がある場合は

勇気を出して心配してしまう気持ちを

抑えてみると良いでしょう。

Sponsored Link

【3】ちょっとした感謝の一言を言わない

何気ない感謝の一言が人と人との関係を

良好にすることは多々あります。

 

『親しき中にも礼儀あり』という

言葉があるように感謝の言葉や

相手を思いやる言葉を言えないことで

恋愛関係を終えてしまった人は

少なくないのではないでしょうか?

 

特に『やってもらって当たり前』

という気持ちで相手と接している人は

要注意ですね。

 

【4】相手が他人であることを忘れる

当たり前のことでも忘れてしまいがちなのが

恋人関係になる相手は『他人である』ということ。

 

他人という定義をどこまで広げて

扱うかは人それぞれですが、

厳密に言えば家族も他人と言えば他人です。

 

にも関わらず一度恋人や夫婦になると

それを忘れてしまうのが人間。

 

ついつい甘えが出てしまって

『○○をしてくれて当たり前』と

相手に期待をしていしまいます。

 

距離感が近くなりすぎたことによって

息苦しくなってしまっている場合は

敢えて距離を取ってみて

今一度他人として相手を大切にしてみると

関係性は改善に向かうかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2017 All Rights Reserved.