Menu
Close 

   

天才の人が持つ4つの特徴

 

【1】一つの事に没頭できてしまう

天才とは文字通り、

持って生まれた才能であって、

学習して身に付くものではありません。

天才の最大の特徴は、

一つの事に抜きんでていて、

他の追随を許さないことです。

日本は秀才肌の人が重宝されるため、

学校教育などにおいては、

何事も均等に学ばせようとします。

このため平均的に学問はできるものの、

突出したものを持たない人が多いです。

天才肌は少し違います。

学校の勉強などできなくても良いのです。

何か一つの事に嵌ってしまうのが天才です。

学問とは限りません。

スポーツであったり、音楽であったり、

絵画や彫刻などの美術であったり、

あるいは将棋や囲碁など、

分野は様々ですが、

とにかく一つの分野に没頭し、

その境地を究めて、

天才と呼ばれる地位に到達するのです。

【2】挫折を一切しらない

秀才には挫折がありますが、

天才には挫折と言う概念がありません。

挫折と言うのは、計画が途中でダメになったり、

人生行き詰ったり、仕事をなくしたり、

人によって経験は異なりますが、

天才肌の人には、

それらのこと全て“挫折“ではないのですよね。

勿論天才も人間である以上、

人並みにいろいろな苦難に遭遇し、

窮地に立たされることもあると思います。

しかし挫折はしないのです。

何が起ころうと、やんわりとやり過ごし、

何事もなかったかのように、

物事を成し遂げます。

ただ敢えて言うと、

天才と呼ばれる人、

陰で人並み以上の努力をしていることが多いです。

仮に挫折をしたところで、

陰の努力によって補い、

人にそのことを知らしめないことでしょう。

傍から見れば、挫折していないと映るのです。

Sponsored Link

【3】何事も自己完結できる

天才は団体行動よりも、

単独行動を好みます。

その能力ゆえに、

他の人がついて来れないのです。

何事も自分一人でできるため、

自分で物事を解決してしまいます。

他人の手助けなど必要ないのです。

人から見れば、協調性がない、

コミュニケーションができない、

などと思われてしまうかも知れませんが、

すでに自分の中では完結してしまっているため、

他人に合わせるのが馬鹿々々しく思われるのです。

そんなことは時間の無駄でしかないのです。

【4】既存の概念に囚われない

天才には既存の概念など存在しません。

むしろ既存の概念や習慣を破壊することに

生き甲斐を感じているかも知れません。

天才たる者、凡人から見れば突飛な発想をしますが、

しかし実はちゃんとした裏付けがあるのです。

無謀な発想では決してなく、

実は綿密に準備されており、

後になればはっきりとわかることなのです。

簡単に言えば、

何十年も先のことを

平然とやってのけるということでしょう。

日本史上、最も天才的な人物は織田信長だと思います。

彼はそれまでの常識を徹底的に破壊し、

型破りな戦略を次々と打ち出しましたが、

しかし後世振り返ると、

それがいかに的確なものであったかが理解できるはずです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.