Menu
Close 

   

愚者が持つ4つの特徴

 

【1】自分で考える事をしない

愚者は自分で考えたり、調べようとしたりしようとしません。その為、他人のいう事を鵜呑みにしてしまいます。自分で考える事をしないので全てその人任せであったり、言いなりになってしまいます。結果、自分で行動した場合、他人任せであったり考える事をしないので無知であり何も分からない事が多いでしょう。普通の人はそこで何か聞いたり、調べたりという考えや動きをしますが、愚者の場合それすらしない為学習能力が低いので同じミスや過ちを起こしやすいです。

 

【2】依存することが好き

愚者は何でも他人任せで考える事も放棄している為、自主性や主体性が欠けています。自主性とは自分で判断し行動することであり、主体性とは自分の意思や判断で責任を持って行動する態度や性質のことです。愚者はそれらが欠けているため自分の事でさえも他人に任せてしまい誰かがいないと何も出来ないのです。そのため、人に依存したり物に依存するしかないのです。つまり、誰から指示されたり、指図を受けたり、言われないと目的や目標を持って行動がひとりでは出来ないのです。それで人に依存してしまったり、依存するしかないのです。

Sponsored Link

【3】既存の考えに縛られている

愚者は既存の考えや物の捉え方しか出来ません。では、既存とはどうゆうことかといいますと、『すでにある』とか『以前から存在する』という意味です。大抵の人は仕事や日常において分からないことや効率良く何か物事を行う時に調べたり聞いたり、自分でやり方や方法を考えて日々学んだり、新しく考案しようと向上心なとがありますが、愚者は新しく自分で開拓しようとか発見しようと思う事が出来ず、向上心もありません。また調べたり、学ぼうとしない為、既存する考え方しか出来ず新しい考えについていくことが出来ないのです。結果、勉強することも調べたりすること、考えることもしないので新しい考えや物事についていけず仕事ではただ言われたことしか出来なかったり、集団生活の中でも人の言いなりになってしまうことが多いです。

 

【4】優劣を何でもつける

愚者はどこにいっても上下関係をつけたがります。仕事、学校、プライベートなどあらゆる場所、場面で上下関係をつけ、自分より劣っていると思う人には話を全く聞かない、耳を貸さない行為が起こり、その人に対し無関心になります。仕事でも、学校でもプライベートでも自分より上や優れてる人の意見や話など言うことは何でも聞き入れます。このような人たちは優劣をつけることにより自尊心を保つのです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.