Menu
Close 

   

だいたいどの職場にも一人はいる人4選

 

Sponsored Link

【1】要領よく仕事をして上手くサボる人

周りからの評価は高く、

仕事ができるというイメージなのに、

いまいち必死な空気がないという人がいます。

そういう人は、

要領よく仕事をしています。

やることをやったうえで、

実はうまくサボっているのです。

そのため、

周りからはまともに仕事ができていると思われるのに、

必死に頑張っているとか苦労しているというようには、

思われません。

このタイプの人はとても頭がいいです。

物事のポイントを見極める技術がずば抜けています。

この仕事のポイントはこれで、

これさえ抑えていれば問題は起きないと判断するわけです。

要点だけ抑えて他は頑張らないため、

仕事は問題なくこなすことになりますし、

上手にサボれるということになります。

このような要領がいいサボりタイプは、

どこの職場にも一人はいます。

【2】嫌味を言う人

どの職場でもいるのが、

嫌な人だと評価される人です。

特に、

嫌味を言うひとはよくいます。

新人に対して、

それで給料もらえるから楽でいいねだとか、

前に一回言ったこともわからないんだ、

などと言って、

プレッシャーを与えてきます。

こういう人は、

嫌味を言うことでストレスを発散しています。

人を小ばかにすることでしか、

コミュニケーションがとれないタイプです。

自分は人に嫌味を言うのに、

逆に自分が人から嫌味を言われると、

嫌味を言った人を徹底的に批判するというのも、

このタイプの人の特徴であると言えます。

Sponsored Link

【3】昇進・出世を諦めている人

企業に就職したからには、

昇進や出世をしてたくさん稼ぎたいと思う人はたくさんいます。

しかし、

現実を知ることで、

昇進や出世のことは諦めて、

クビにならなければいい、

現状維持できればそれでいい、

などと思うようになってきます。

人によっては、

入社のときから昇進や出世のことを諦めています。

このタイプは、

自分なりの仕事の型を持っていて、

その型から外れることを嫌います。

決められたことをこなし、

無難に仕事をしたいと思っています。

特に大きな組織には、

必ずと言っていいほど、

このタイプの人がいます。

【4】ずば抜けて仕事ができる人

仕事は学校の勉強のように、

わかりやすく点数や偏差値が出るものではありませんが、

仕事ぶりや何かしらの成績から、

その人が仕事ができるのかどうか測ることができます。

どこの職場にもいるのが、

ずば抜けて仕事ができる人です。

同じ職場の普通の人から見たら、

なぜこの人はここにいるのだろうだとか、

本当に同じ人間なのだろうか、

などと感じてしまうくらい仕事ができる人がいます。

仕事ができる人は、

飲み込みが早く、

すぐに自分のものにしてしまいます。

考える力があり、

スピーディーに仕事をこなしつつ、

さらに効率的になるアイデアを出してきます。

世の中には、

仕事ができない人間がたくさんいるのと同時に、

仕事ができる人間が、

たくさんいるということになります。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.