Menu
Close 

   

いじめる人の特徴4つ

 

【1】どこかで劣等感を感じている

いじめる人を思い浮かべると、

強気で、

自信があって、

周りに味方が多いということを、

想像するかもしれません。

実際にそういう要素があります。

しかし実は、

いじめる人というのは、

どこかで劣等感を抱いているという、

特徴があるのです。

周りに味方が多くて自信がありそうなのに、

なぜ劣等感を抱いているのかと思うかもしれません。

そもそも、

人をいじめるという行為は、

わざわざ自分の時間を割いて、

弱者と思われる人を目に付け、

自分の将来と関係のないことをやる、

非情に無駄で浅はかな行為です。

そんな時間の無駄とも言える行為をするということは、

いじめをしなければ自分の精神が保てないような、

理由があるということになります。

自分がもっと強い人から嫌なことをされたとか、

勉強や恋愛がうまくいかないとかが原因の、

自分のとって耐えられないストレスを発散するために、

いじめをします。

自分の中で、

自分は弱いとか、

頭が悪いとか、

貧乏だとか、

何かしらの劣等感があり、

現実を受け入れることができずに生じたモヤモヤを発散するために、

いじめをしてしまうわけです。

Sponsored Link

【2】弱いものには強気になれる

いじめる人は、

自分より弱い人には強気です。

地元の先輩や怖い人には、

手を出さないことが多いです。

守られた安全な状況から、

反撃されてもどうにでもなるような相手を選び、

いじめをします。

必ず勝つ、

負けない戦いをしているようなものです。

相手が自分より劣ると思ったなら、

強気に出て自分の思い通りにしようとします。

自分の言うことを聞かなかったら、

怒り出して暴力を振るうことも多いです。

いじめる人は、

まるで小さな子供のように、

精神的に幼く、

成長することができていないことがわかります。

【3】本当は臆病

いじめをする人は、

完璧な人間ではありません。

弱い人間相手に強気に出て、

味方が多いこともよくあるため、

強気で自信に満ち溢れているかのように思われがちですが、

実は臆病なことが多いです。

臆病だから、

安全な場所から人をいじめます。

自分は強いんだすごいんだと誇示します。

そうしないと、

弱い自分がさらけ出されるような気がしているのです。

弱い犬ほどよくほえるという言葉があります。

これはいじめる人にも当てはまります。

臆病な弱い犬だから、

無駄にほえて、

いじめというかっこ悪い行為をしてしまうのです。

【4】自己愛が強い

いじめる人の中には、

自己愛が強い人がいます。

自分のことが大好きで、

世の中は自分中心でまわっていないと気が済まないわけです。

そのため、

自分の言うことを聞かない人間のことを攻撃します。

自分より下の人間は、

自分の言うことを聞いて当たり前で、

攻撃されても文句を言う資格はないとさえ、

思っています。

自己愛がとても強く、

自分のことばかり見て現実が見えておらず、

どこまでもわがままなのが、

いじめる人の特徴であると言えます。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.