Menu
Close 

   

自分に自信を持てるようになる方法4つ

 

【1】体を鍛える

自分に自信を持てるようになるために有効なのが、

体を鍛えるということです。

健全な精神は健全な肉体に宿ると言いますが、

体を鍛えて強くなれば、

気持ちも大きくなるものです。

体を鍛えることの利点は、

誰でも手軽に行えるということです。

続けることができれば、

結果が徐々に現れてきます。

何も完璧なムキムキ体型になる必要はありません。

ちょっと腹筋が締まって見えるようになった、

腕が前より太くなった、

足がシュッとするようになった、

くらいでいいのです。

前に比べると良くなったなと、

自分で思えるくらいで構わないのです。

その成功体験が自分の自信を形作っていきます。

体が鍛えられれば、弱い気持ちも薄れ、

前向きになることができます。

【2】人よりちょっと得意なことを作る

自信がない人の特徴として、

人に誇れるようなポイントが、

自分にはないと思っていることが挙げられます。

そこで、

人よりちょっと得意なことを作ることで、

自分の小さな自信につなげることがおすすめです。

人より得意なことがあれば、

少しは自分のことを認められるようになります。

得意なことはなんでも構いません。

今自分が興味があることから何か始めてもいいですし、

全く新しいことにチャレンジするのもいいでしょう。

料理に凝ってみるだとか、

英語の勉強を始めてみるだとか、

自分の中で何か簡単にできそうなことをやってみましょう。

このときの注意点としては、

完璧を求めないことです。

料理の腕を考えたときに、

プロや凄腕の人と自分を比べてはいけません。

英語でネイティブに比べたら下手だから、

自分は駄目な人間だ、

などと思っては逆効果です。

今日はこの前できなかったことができるようになった、

友人に料理を振舞ったらほめられた、

というように、

何ができるようになったかに目を向けて、

自分をほめるようにして自信をつけていきましょう。

Sponsored Link

【3】肯定してくれる人と付き合う

自分に自信がない人は、

自分を自分自身または他人から、

否定されることが多いです。

それでは自信がつきません。

人が自信を持って能動的になるのは、

誰かに肯定されたときです。

そこで、

自分のことを肯定してくれそうな人と付き合うようにしましょう。

自分のことをほめて、

優しくしてくれる人と付き合うのです。

最初はその言葉もあまり響かないかもしれませんが、

そうやって肯定してくれる人が近くにいるということは、

安心感があり、

気がついたらその言葉を心地よく感じるようになります。

そして肯定され続けることで、

自分はこれでいいんだと思えるようになります。

カウンセラーが否定をせずに相手を肯定することを、

基本としていることからも、

肯定してくれる人の存在が、

どれだけ人にとって大切なものなのかわかります。

【4】自分のことと他人のことを理解する

自分が好きなもの、

嫌いなもの、

得意なこと、

苦手なことなどをピックアップしてみましょう。

なぜ自分に自信がないのか、

どういうときに自信がなくなるのか、

自分を駄目だと思うのか、

書き出します。

それらを見て、

その考えは妥当なのか、

他の人ならどう考えるだろうか、

これからどうすればいいのか、

などと考えるようにしましょう。

好みの傾向、

信念、

認知の仕方など、

自分を徹底的に分析するのです。

また、

他人にも興味を示してみるのもいいです。

この人は何が好きなのか、

どうしてこんな風に振舞うのだろう、

などと考えます。

時には相手と深い話をしてもいいでしょう。

自分のことと、

周りの人のことを知り理解を深めることで、

自分が自信を持てるポイントや、

こうすれば自信が出るのではないか、

というアイデアが浮かんできます。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.