Menu
Close 

   

子供が嫌いな人の特徴4つ

 

【1】神経質

子供が嫌いな人は、

とても神経質です。

子供は、

よくも悪くも空気を読めません。

もちろん空気を読むいい子はたくさんいます。

しかし、

現実的な話として、

未熟ゆえに、

言っていいことと悪いことの区別がつかない、

公共の場で走り回る、

というようなことが度々あります。

神経質な人は、

この子供の自由さが気になります。

子供だから、

という理屈は通じません。

神経質だと些細なことがストレスになります。

大きな声や、

何気ない発言、

物の配置など、

色々なものが気になってしまいます。

そのため、

気に障ることをついついしてしまう子供とは、

相性が最悪なわけです。

時にはヒステリックに叫び、

怒鳴ってしまうことさえあります。

子供がやることや言うことに、

過度に反応してしまうため、

神経質な人は子供を苦手だと思うようになります。

【2】過去にトラウマがある

過去にトラウマがあり、

子供を愛することができないという人がいます。

幼い時に事件に巻き込まれた、

虐待を受けていた、

などの理由で心が落ち着かず、

子供にきちんと目を向けることを、

上手にできない人がいます。

トラウマがあるから子供と関われなくなる、

ということではありません。

しかし、

トラウマによって人との距離をうまくとれなくなり、

わかりにくい子供のことは余計に混乱して、

うまくいかないという人がいるのです。

子供の姿を見て、

自分の幼少時の嫌な体験を思い出してしまい、

子供のことをまともに見れないという人がいます。

自分でもどうしようもないままに、

子供嫌いになってしまっています。

Sponsored Link

【3】親からの愛情を受けていなかった

子供のことが嫌いな人の中には、

親からの愛情を受けてなかったという人がいます。

幼い頃に親から愛情を受けていなかったために、

どうやって愛情を持って接していいのかわからない、

というわけです。

子供を愛する大人というサンプルを、

身をもって体験することができなかったために、

愛情表現ができなくなっています。

また、

愛情をくれなかった親を再現するかのように、

子供に愛情を与えることができず、

憎んでしまうということがあります。

自分の心に強く残る、

悪い親のイメージを、

自分自身で再現してしまうということは、

よくあります。

親のようにならないと思っていたのに、

気がついたら親と同じことをしていた、

という人は実は多いです。

自分でも気がつかないうちに、

かつての親のように、

子供を嫌ってしまう。

そんな人もいます。

【4】子供にレベルを合わせられない

子供が幼い場合、

大人は子供に発言のレベルを合わせる必要があります。

子供が嫌いな人はこれができません。

子供に合わせてほめて、

優しくするということが苦手なのです。

心の中に冷めた気持ちがあるため、

これくらいで何を言ってるんだとか、

くだらないことを言うなとか思ってしまいます。

心のゆとりがないわけですね。

うまくレベルを合わせて会話ができないため、

子供と話すとイライラすることが多く、

子供のことを嫌うようになってしまうわけです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.