Menu
Close 

   

ろくな死に方しない人の特徴4つ

 

【1】人を平気で騙す

人を平気で騙す人は、

それだけ多くの人を利用してきた、

ということになります。

自分が利益を得るために、

嘘をついて、

悪どく他人を利用します。

嘘が生活の一部となり、

息をするように嘘を吐いてしまいます。

それだけ他人を欺き、

利用してきた人が、

まともな死に方をできるはずがありません。

因果応報と言うように、

必ず悪の報いは受ける運命にあります。

その時その時は、

嘘をついて他人を騙すことでどうにかなったとしても、

人生の終わり、

死ぬ間際になって、

 

それまで不当に得てきた利益が清算されて、

負債のようになり、

自分に降りかかってきます。

最後は目も当てられないような、

死に方になるでしょう。

【2】自分のためには他人の犠牲は厭わない

ろくな死に方をしない人の特徴として、

自己中心的であるということが挙げられます。

自分の欲望に忠実で、

自分がやりたいこと、

自分が欲しいものを優先します。

そのためには、

他人が犠牲になるのは仕方ない、

くらいに思っています。

自分が利益を得るためなのだから、

少しくらい我慢してくれっと、

自己中心的でわがままで不合理な考えを、

平気で振りかざします。

他人を何人も犠牲にしたうえで、

自分は美味しい思いをし続けるわけです。

それだけ非人道的なことをし続けて、

人生を送ったために、

最終的にひどい目に合います。

ろくな死に方をすることはできません。

Sponsored Link

【3】悪いことを悪いと思っていない

普通は、

こういうことは悪い、

こういうことは良い、

と、

なんとなく考えることができます。

ろくな死に方をしない人は、

こういった善悪の判断が、

まともにできません。

悪いということを、

悪いとわかっていないことが、

よくあります。

自分がやりたいからやっている、

それの一体何が悪いのだと考えています。

なぜ他人に配慮して、

他人のためになることをしなければならないのだ、

と思っています。

ろくな死に方をしない人は、

いつも自分がどうやって得するか、

ということばかり考えています。

たとえ成功を積み重ねることができたとしても、

最後はろくな死に方をしないわけです。

【4】人に恨まれることをする

ろくな死に方をしない人は、

自覚のありなしに関わらず、

人に恨まれるようなことを、

平気でやっています。

多くの人間を犠牲にして、

生きているのが、

ろくな死に方をしない人です。

人の恨みをずっと集めている人が、

安らかに死ぬことができると、

思う人はいないでしょう。

世の中は実にうまくできています。

多くの人に恨まれた人は、

逃げ切りということはありません。

人が人を想うことには、

力が宿ると言います。

普通はいいことを連想しますが、

呪いという言葉があるように、

恨みのようなネガテイブな思いも、

その人に何かしらの影響を、

与える可能性があるのです。

ろくな死に方をしない人は、

人生の最後で恨みを全て背負って、

悲惨な死に方をしてしまうわけです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.