Menu
Close 

   

本当に頭が悪い人の特徴4つ

 

【1】自分で考えることができない

本当に頭が悪い人は、

何でも人任せです。

自分の頭で考えるということができません。

何を決断するにしても、

誰かに決めてもらって、

誰かの言う通りにします。

自分でその良し悪しを判断することが、

できないのです。

そもそも、

アイデアが浮かびません。

どうしたらいいかの、

選択肢が浮かばないのです。

頭が悪いため、

考えることができず、

アイデアが全く出てこないわけです。

学ぼうという気もありません。

考えを浮かぶための訓練を放棄します。

やる気が全くありません。

学ぶ姿勢がなければ、

能力が上がるはずがありません。

そのため、

ずっと自分で考えることができません。

自分で考えられない以上、

誰かに頼るしか生きる道がありません。

常に誰かに任せて、

生きることになります。

【2】自分はできないと決めつけている

本当に頭が悪い人は、

自分はできないと、

最初から決めつけているところがあります。

諦めてしまっているわけです。

できないと思っているため、

新しいことに挑戦できません。

いつも同じことばかりしようとします。

楽なことをやろうとします。

成長の意思がないんですね。

周りが変化して、

成長していってるのに、

その人はずっと取り残されたまま、

ということが起きてしまいます。

いい歳になってのに、

まるで子どものように、

精神的に幼く、

生活力が向上していない人は、

このタイプです。

周りからは、

若干引いて見られています。

たとえそれに気づいたとしても、

諦めてしまっているため、

向上のために動くことはありません。

Sponsored Link

【3】同じ失敗をし続ける

本当に頭が悪い人は、

同じ失敗をし続けます。

なぜ学習しないのかと言いたくなるくらい、

同じ失敗を繰り返します。

賢い人は、

同じ失敗をしないようにします。

改善点を見つけて、

次はこうしようと、

考えることができます。

本当に頭が悪い人には、

それは無理です。

できません。

考えるという発想がなく、

その場その場での対応をしているため、

また同じ失敗を繰り返します。

学ぶ意思も姿勢も何もありません。

能力がない、

失敗をしてしまう、

ということそのものよりも、

自分を変える意思がない、

という点に問題があります。

【4】振り返り・反省ができない

賢い人は、

自分の行動を振り返ることができます。

悪いことがあったなら、

次はこうしようと結論を出して、

次につなげることができます。

本当に頭が悪い人は、

これができません。

自分の行動を振り返ることがありません。

そのため、

同じ行動をとり続け、

同じ失敗を何度も繰り返します。

反省する気もないため、

全く成長しないまま、

毎日を過ごします。

失敗を咎められたら、

逃げ出すことで問題を解決します。

そして新しい環境でまた失敗を繰り返し、

また逃げ出します。

普通は反省をして、

どうにかしようとするものですが、

頭が悪い人はそういったことをしません。

できて、逃げるくらいです。

自分で変わる力がないんです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.