Menu
Close 

   

コミュ障の特徴4つ

 

【1】注目されたくない

コミュ障は、

注目されることを嫌います。

注目されるということは、

他人の意識の中に、

自分が入り込むということになります。

しかも注目されるときは、

大人数に注目されることが普通です。

自分が多くの人間に、

意識されるということを、

ストレスに感じます。

自分がどう思われているのか、

ものすごく気にします。

こう思われるんじゃないか、

などと悪い考えばかりが浮かび、

ファンの気持ちがどんどん大きくなっていきます。

また、

注目されるということは、

何か話しかけられる可能性が上がるため、

コミュ障の人は、

過度に緊張してしまいます。

コミュ障は、

できることなら、

他人とコミュニケーションをとらずに、

平和に過ごしたいと思っています。

人に注目されることは、

コミュ障にとっては、

その平和が脅かされる、

重大な事件なのです。

できるだけ静かに、

無難に生きていたいというのが、

コミュ障の願いであると言えます。

【2】必要以上に人と関わりたくない

コミュ障は、

必要以上に人と関わりたくないと思っています。

正確には、自分がやりたいことがあるときに、

話しかけないでほしいと思っています。

自分がその気があるなら、

そんなに嫌な気持ちになりませんが、

自分がコミュニケーションを取る気がないのに、

話しかけられでもしたら、

大きなストレスになります。

早くあれをしたいのにな、

早く話切れないかな、

などと考えて、

とにかく関わりを断とうとします。

コミュ障は、

自分の世界に閉じこもり、

好き勝手に過ごすことが普通になっています。

コミュ障は、

一人で過ごすことが心地よく、

大好きなのです。

Sponsored Link

【3】人前で恥をかくのが怖い

コミュ障は人前に出ることを、

かなり嫌います。

人前に出ると注目される、

ということもありますし、

何より人前で恥をかくのが怖い、

ということが大きいです。

コミュ障は、

人前での失敗をかなり嫌います。

誰だって失敗はしたくないものですが、

コミュ障はその気持ちがかなり大きいです。

失敗をして、

周りに笑われてしまったとしたら、

いつまでもくよくよ気にして、

眠れなくなってしまうことさえあります。

人よりも自分の失敗や人の視線を気にしてしまう、

そんな特徴がコミュ障にはあります。

【4】話すときに言葉が出てこない

コミュ障は、

人と会話するときに、

言葉があまり出てきません。

上手にトークを展開することができないため、

会話そのものに対して、

段々と苦手意識がついていきます。

相手の言葉に対して、

どのように答えればいいのか、

何を話せばいいのか、

ということが全くわかりません。

相づちを打つくらいはできますが、

そこから会話を続けることができないのです。

何を言ったら相手と楽しくトークできるのか、

わかっていません。

思考をまとめることができません。

会話が上手くないから会話を避けるようになり、

どんどんコミュ障が悪化していきます。

負の連鎖が止まらなくなっています。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.