Menu
Close 

   

割と死を覚悟する瞬間

 

【1】大きめの飴を喉につまらせた時

割と大きめの飴を、

喉につまらせた時は、

思わず死を覚悟してしまいます。

飲み込もうとしても、

うまくいかず、

水などで流し込もうとしても、

飲み込むことができずに、

喉につまらせたままの時は、

やばい、

と心の中で思ってしまいます。

吐き気のようなものがあるのに、

何もできず、

段々と、

息が苦しくなり、

酸素が足りなくなるのを、

自覚します。

涙が出て、

気持ち悪く、

苦しいのに、

どうしようもない。

死がゆっくりと、

そして確実に歩み寄ってくることがわかります。

指を口に突っ込んで吐き出そうとして、

うまくいかないと、

さらに死を意識してしまいます。

周りに人がいれば助けてもらえるかもしれませんが、

そうでない時は、

絶望的で、

そのまま死ぬということを、

考えてしまいます。

何かを喉につまらせるということは、

誰にでも起こり得ることで、

ある意味身近なものです。

大人から子供まで、

関係なく体験する可能性がある、

身近な、

死を覚悟する瞬間であると言えます。

【2】足のつかないプール・海で溺れた時

足のつかないプールや、

海などで、

足がつるなど、

何かしらの理由で溺れた時、

死を意識します。

足がつく場所でも、

溺れることがあると言われているのに、

それが足がつかない場所だと、

立つことも、

座ることも、

当然許されないため、

そのまま溺れ死ぬ確率が高まります。

呼吸が確保されない状況は、

人に死を強く意識させます。

どうにかしないと死ぬ、

とわかっているため、

かなり焦ります。

足がつかないところで溺れた時は、

どうにかして人の助けを求めるしかありません。

誰もいないような状況だったら、

このまま力尽きて沈んでいくんだろうと、

一瞬で察して、

死を覚悟することでしょう。

Sponsored Link

【3】バイクでこけた時

バイクの運転は、

車の運転と異なり、

自分自身の体が、

外にむき出しです。

車だったら、

車のボディに守られていますが、

バイクだとそれがありません。

直に外に晒されています。

そのため、

交通事故にあった時、

バイクの方が大怪我をする、

というイメージがあります。

バイクで運転をしている時、

特にスピードを出している時に、

こけてしまったら、

強く死を覚悟するでしょう。

バイクと一緒に体が吹っ飛び、

強い衝撃と痛みが体を遅い、

ぐるぐると道路をころがる、

という場面は、

生きていたら幸運だと、

思うくらいのきつい場面です。

頭が真っ白になり、

スローモーションで景色が再生され、

やがて激しい痛みが我が身を襲います。

バイクでこけることは、

死を覚悟する瞬間であると言えます。

【4】スノボ・スキーで派手にころんだ時

スノボやスキーなど、

急斜面を激しく滑るもので、

派手にころんだ時は、

死を覚悟します。

スピードが出ていることにくわえて、

自由があまり利かず、

急斜面のため、

そのまま勢いついたまま、

ころがっていくことが容易に想像できます。

そんなところで激しくころんだら、

大怪我どころか、

死んでもおかしくありません。

そのため、

スノボやスキーで派手にころぶと、

死を意識するのです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.