Menu
Close 

   

相手に好かれるような褒め方する時の4つのポイント

 

基本的に褒められて嬉しくない人はいません。

 

しかし、褒める箇所によっては

まともに受け取ってもらえなかったり、

かえって相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。

 

今回は相手から好印象を得られる褒め方で

抑えておくべき4つのポイントについて

お伝えしていきます。

【1】好感を持てる部分を褒める

褒める際に気をつけないのは

『好意』を伝えると女性からすると

踏み込み過ぎと言う印象を与えるので

『好感』を伝えることを意識しましょう。

 

『○○さんって△△してくれたり、

気遣いができるからすごく好感持てるな~』

など好意ではなく、好感を伝えると

相手としては褒めを受け取りやすいです。

 

極端な話ですが

『○○さんって△△してくれたり、

気遣いができるし、そういうところ好きだな~~』

と言った具合に好意を伝えてしまうと

ひいてしまう人も出てきます。

 

好意だと関係性が深まっていない相手の場合、

ひかれてしまう懸念もあるので、

最初は好感を伝えて、相手からも好感を

得られるように努めていくと良いですね。

 

【2】やや大袈裟な印象を与える

 

本当に良い部分だと思っているならば

それをより強調して少し大袈裟な印象を

持たれるくらいに褒めた方が良いです。

 

基本的にどんな人も褒められ慣れていないので

大袈裟に褒めて印象に残るようにします。

 

また、コツとしてはなぜそう思うのかを

より細かく相手に伝えて

褒めた理由付けを行いましょう。

Sponsored Link

【3】普段褒められてないようなこと褒める

人間言われ慣れていることは

心に響いてきません。

 

例えば、普段からよくルックスを

褒められるような人がルックスを褒められても

『あー、またか』程度にしか思われない

可能性が高いです。

 

しかし、そこで内面を褒めたり、

何気ない行動などを褒めてあげると

他の人とは差別化できるので

ちょっと違う部分を褒める

意識を持つと良いでしょう。

 

【4】本人の自覚と乖離していることは言わない

どんな人でもそうなのですが、

自分が売りだと全く思っていない部分を

褒められても心に響いてきません。

 

一番良くないのは

肌がキレイでないことを

気にしている相手に対して

『肌キレイだね』と言っても

嫌味にしか聞こえないですからね。

 

人によって違いますが、

コンプレックスだと思っていることを

褒めるのはむしろ悪く思われる

可能性があるので、

相手が気にしていることは

触れないスタンスでいることをオススメします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2017 All Rights Reserved.