Menu
Close 

   

意欲がわかないときの対処法4つ

 

Sponsored Link

【1】思い切って体を休める

やらないといけないことがあるのに、

なぜか意欲が全くわかないというときは、

体が休めていない可能性があります。

自分では休んだつもりでも、

体はまだ休みを必要としています。

そこで、

やるべきことは全て忘れる日を作りましょう。

その日は仕事のことは全て忘れて、

自分が好きなことだけやるのです。

体だけでなく、

精神も休ませるわけです。

このときのポイントは、

休まなければならないと自分に言い聞かせないことです。

休むという作業をしているという感覚になって、

かえって疲れてしまいます。

真面目な人はこうなりがちですので、

注意が必要です。

深呼吸して心を落ち着かせて、

自分がやりたいことはなんだろうかと考えてみるといいでしょう。

自分が思ったようにやりたいことをやって、

好きに過ごして休むことで、

明日からの活力につなげます。

【2】目標設定を見直す

目標設定が適切でない場合、

意欲が低下するということが起こります。

目標が高すぎると、

絶対達成できないと心のどこかで思うようになり、

やることも無理が生じるために、

意欲が低下します。

逆に目標が簡単すぎる場合も、

頑張らなくてもどうにでもなるため、

意欲が低下します。

自分が頑張ってできそうな、

現実的な目標を定めてみましょう。

少しだけ高いかなと思うくらいの目標がおすすめです。

現実的で高い目標があれば、

それに向かってやる気を持って動くことができます。

【3】散歩または旅に出る

意欲が低下しているときは、

視野が狭くなっています。

同じような毎日を過ごしていると、

必要なこと以外が見えなくなっていきます。

そこでおすすめなのが、

散歩や旅に出ることです。

いつもと違うことをすることによって、

脳みそに刺激を与えることができます。

いい気分転換になるわけです。

また、

散歩や旅に出ると、

日常生活では気づくことのなかった街の様子や、

人の声に気づくことができます。

自分が見えていなかったものを見ることで、

視野が狭くなっていたことに気づきます。

そうした発見は人を動かす力になります。

意欲がないときは、

ぶらりとどこかに出かけて、

自分に刺激を与えてみましょう。

【4】生活習慣を見直す

意欲低下の原因は、

生活習慣が乱れているために起こる、

ということがあります。

夜遅くまでインターネットをして昼夜逆転や睡眠不足になる、

暴飲暴食で栄養素が偏っている、

など意欲が低下する原因はいくつか考えられます。

これらの行為は体の調子を崩し、

倦怠感を生み出すものです。

体の調子が崩れると、

何をするのもおっくうになり、

意欲が低下していきます。

仕事が嫌だから、

勉強が嫌だから意欲がないのではなく、

体の調子が悪いから意欲がないというパターンです。

生活習慣を整えて規則正しい生活をするだけで、

明るい前向きな気持ちになることがあります。

体がだるい、

意欲がわかない、

でも原因がはっきりしないという場合は、

生活習慣を見つめなおしてみましょう。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.