Menu
Close 

   

社会に出て友達が減っていく人の特徴4つ

 

Sponsored Link

【1】仕事が忙しすぎる

仕事が忙しすぎる場合、

仕事のことで頭がいっぱいになります。

休日も仕事のことを考えるようになり、

仕事中心の生活になってしまいます。

そんな状況では、

友達と遊ぶということができません。

まず、

予定をあわせて会うことが難しくなります。

自分が忙しすぎて休みがほとんどなく、

せっかくの休みの日は好きなことをして、

ゆっくりと体を休めたいと思ってしまいます。

余裕を持って友達と遊びたいという思える日が、

なかなかありません。

友達は友達で、

スケジュールがあるでしょうから、

自分が友達と遊んでもいいなと思える日と、

友達が都合がいい日が、

ぴったりとあわないことには、

一緒に遊ぶことはできません。

また、

仕事で頭がいっぱいなため、

友達と遊ぶ気持ちになれないということも大きいです。

友達と遊んでいるひまなんてないんだという気持ちになり、

遊びに誘われても、

一緒に遊ぼうと思えません。

遊びに誘っても来ないと、

友達は遊びに誘わなくなります。

忙しいことに気を使って逆に声をかけなくなってきます。

結果、

友達がどんどん減っていきます。

【2】仕事で人間関係に疲れてしまう

職場での人間関係に嫌気が差すと、

中には人間そのものにもうんざりしてしまう人がいます。

周りでの人間の悪い面を見すぎたせいで、

人付き合いが面倒だと思うようになります。

そういう心理状態になると、

仲が良かったはずの友達とのやり取りも、

面倒に感じるようになります。

人との関わりを避けるようになります。

遊びの誘いも断るようになっていって、

段々と友達が減っていきます。

相手の方から積極的に声をかけてくれるような、

面倒見のいい優しい友達しか、

残らないという状況になります。

そこそこ仲が良かったという位置づけの友達との縁が、

どんどん切れていきます。

社会に出て様々な人の関係を見ることで、

友達が減ってしまったわけです。

【3】家庭ができて家族が一番になる

結婚して家庭を持った場合、

自分の時間は大きく削られます。

仕事をしていないときは、

家族のために何かをするという生活になります。

特に、

子供ができてからは、

その傾向は顕著になります。

特に休日に家族と関わることになるため、

友達と遊ぶ時間がありません。

家庭を持つと、

本人の意識も変化します。

いつまでも学生のように友達と遊んでいる場合ではない、

というような考えに変わります。

家庭を持つということに対する責任感が生じます。

そのため、

友達と関わる時間がどんどん減っていき、

自然と友達そのものも減っていきます。

【4】他人と自分を比べてしまう

社会に出ると、

様々なステータスが気になるようになります。

収入、

地位、

職業、

年齢、

など、

気になる項目は人によって様々です。

自分は普通なのかどうか、

人はどうなのか気になってしまう人がいます。

人が自分より優れていると、

おもしろくないと感じる人がいます。

そういう人は、

常に他人と自分をくらべているため、

人と純粋に交流することができません。

穏やかな気持ちで仲良くできないのです。

また、

自分より下の人間を無意識に見下す一面もあるため、

そういった心理を察知した人から、

避けられるようになります。

時には嫌われてしまうこともあります。

結果、

段々と友達が減っていくわけです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.