Menu
Close 

   

遠慮をしてしまう人の特徴4つ

 

Sponsored Link

【1】目立ちたくない

遠慮をしてしまう人は、

できるだけ目立ちたくないと思っています。

前に出ること、

自分を出すことは、

どうしても人の注目を集めてしまいます。

遠慮をしてしまう人は、

その人に注目されるという状況が苦手です。

できるだけ人に注目されることなく、

静かでいたいと思っています。

そのため、

普段から何をするにしても遠慮をして、

人から引いた立ち位置を維持しようとします。

そうすることで、

自分の身を守っているわけです。

他人からすれば、

もっと自分を出せばいいのにとか、

そんなに遠慮して欲がないのか、

などと思いますが、

本人としては、

遠慮して目立たないという状況が、

静かで安全で、

安心できる望ましい状況なのです。

遠慮をしてしまう人は、

目立ちたくないという特徴があります。

【2】自分の本性を出すのが怖い

遠慮をするということは、

自分が何かしらの選択をしなくていいということです。

仮に何かしらの選択をする場合、

自分の考えや好みなどが、

大小はあるにしても、

明らかになってしまいます。

遠慮をしてしまう人は、

それがとてつもなくこわいのです。

自分の本性を、

他人に知られることを恐れています。

他人に自分の底を知られて、

見限られるのではないかと、

心の奥底でおびえています。

自分の考えを示さず、

なんでも遠慮をしてあいまいにすることで、

一種のなぞを作り出して、

自分の本性がわからないように仕向けています。

遠慮をすることで距離を置いて、

恐れるようなことが起きないように自衛しているわけです。

Sponsored Link

【3】相手に合わせすぎる

ついつい遠慮をしてしまう人は、

相手に合わせすぎるという特徴があります。

自分の意見よりも、

相手の意見を尊重します。

内心、

相手と意見が違うなと思っていたとしても、

表には出さずに、

相手の意見に合わせます。

相手の意見に合わせることが当たり前になっているので、

まず遠慮をすることから思考が始まります。

そのため、

ほとんどの場面で相手に遠慮することになります。

遠慮をしてしまう人は、

相手と違う意見を言って、

衝突するくらいなら、

遠慮をして無難にやり過ごすことで、

穏やかな状態を維持する方が、

はるかにマシだと思っています。

自分の意見が言えなくても、

仕方のないことで、

それでいいと思っています。

【4】控えめが一番だと思っている

遠慮をしてしまう人は、

前に出てガツガツとして生きるよりも、

控えめで細々と生きる方が、

いいと思っています。

何事も控えめが一番だと思っています。

自分で控えめがいいことだと思っているので、

何を言われても、

控えめでいようという意識が働き、

ついつい遠慮をしてしまいます。

積極的になれと言われても、

自分の哲学からそれているため、

困ってしまいます。

遠慮はできればしたくないものだと、

思い込んでいる人もいますが、

世の中には、

遠慮をしたくてやっている人がいるということですね。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.