Menu
Close 

   

人の弱みにつけこむ人の特徴

 

Sponsored Link

【1】チャンスを常に狙っている

人の弱みにつけこむ人は、

常にチャンスを狙っています。

どこかにチャンスがないだろうかと、

常にアンテナを張っています。

そのため、

誰かが隙を見せようものなら、

その隙を狙って、

自分の利益にしようとします。

人の弱みにつけこむことに抵抗がないため、

チャンスを見つけたら遠慮はありません。

一気に行動します。

常にチャンスを狙っているというのは、

隙を探しているという意味だけでなく、

チャンスがあったときに、

すぐに動けるように準備をしている、

という意味でもあります。

あまりに効率良く動くので、

弱みにつけこまれた人は、

何もできずにされるがままとなります。

柔軟で迅速に人の弱みにつけこむのが、

人の弱みにつけこむ人の特徴なのです。

【2】自己リスクを強く気にしている

人の弱みにつけこむ人は、

自己リスクを強く気にしています。

普段から人の弱みにつけこんでいるだけあって、

弱みを見せたらまずいということをわかっています。

弱みを見せたらどうなってしまうのかということを、

経験的に知っているわけです。

弱みを見せるようなことにならないように、

何をするにしても、

常にリスクを意識しています。

最悪の結果になったときに、

自分にどのような不利益があるのか、

そこでどのように振舞うべきか、

きちんと考えることができます。

自分にとってリスクが大きいと判断すると、

利益が出そうな話でも、

すっと身を引いてあきらめることができます。

ずる賢い態度が、

人の弱みにつけこむ人にはあるのです。

Sponsored Link

【3】損得勘定が得意

人の弱みにつけこむ人は、

損得勘定が得意です。

それをするとどれくらいの損をするのか、

得をするのかということを考えることが、

とても得意です。

自分の利益になることがわかれば、

すぐに人の弱みにつけこもうとします。

何か儲け話を持ちかけられたときに、

それが本当に得をするのか、

自分は損をするのか、

きちんと考えます。

自分が得することがわからないと、

簡単に儲け話にのろうとしません。

常に損得、

リスクを意識して行動しています。

一種の頭の回転の速さが、

人の弱みにつけこむ人には備わっています。

【4】自分の成功に犠牲はいとわない

人の弱みにつけこむ人は、

自分が成功するために、

他人が犠牲になることに躊躇しません。

むしろ、

犠牲が出ることは仕方ないと思っています。

利益を得るためなのだから仕方がないと思っています。

人の弱みにつけこむことをやるくらいなので、

他人がどうなろうとどうでもいいと思っています。

自分の成功が他人の犠牲の上で成り立っていようが、

お構いなしです。

罪悪感はありません。

もしも他人に負い目を感じて、

申し訳ないと思うような人だったら、

そもそも人の弱みにつけこんで利益を得ようとは、

思いません。

人の犠牲を気にすることのない性格を生かして、

人の弱みにつけこむことをしているようなものですね。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.