Menu
Close 

   

カッコイイ父親の特徴4つ

 

Sponsored Link

【1】言うことに矛盾がない

カッコイイ父親は、

言うことに矛盾がありません。

自分が言ったことの筋を通します。

子供は、

父親のそういう正しい姿を、

カッコイイと感じます。

逆に、

言うことがコロコロ変わる父親は、

子供から信用されません。

子供は大人の発言を良く覚えています。

この前はこう言ったのに、

今はこう言ってるだとか、

子供には禁止して怒ったのに、

父親はそれを平気な顔をしてやっている、

などの不満がどんどんたまっていきます。

次第に、

子供は父親の言うことを聞かなくなっていきます。

 

カッコイイ父親は矛盾することがなく、

自分の言葉に責任を持っています。

自分の言葉が子供にどのような影響を与えるのか、

よくわかっています。

子供は、

父親の言うことに納得し、

かっこよさを感じて、

自分もそうなりたいと思うようになります。

カッコイイ父親は、

子供に憧れられるような存在になることができます。

【2】子供のことを考え時に厳しい

カッコイイ父親は、

常に子供のことを考えています。

子供がどうしたら立派な大人として成長するか、

試行錯誤しています。

子供のことを考えていると言っても、

子供の言うことを聞いてばかりのような、

あまい父親ではありません。

もちろん、

ほめるときにはほめますし、

優しく接することもあります。

一緒に童心に帰って遊ぶこともあります。

しかし、

厳しくするべきところは、

きちんと厳しくします。

もしも子供が悪いことをしたら、

きちんと子供を叱ります。

子供と向き合って、

何が悪かったのか、

どうしたらいいのかということを話します。

子供も、

父親が真剣に話しているんだということを察して、

真面目に話を聞きます。

その姿も含めてカッコイイのです。

カッコイイ父親は、

父親として威厳のある姿、

優しく子供を受け止める姿、

その全てがカッコイイのです。

Sponsored Link

【3】自分で考えされることを大事にする

カッコイイ父親は、

子供に自分で考えさせるということをさせます。

どうしてそんなことが起きたのか、

それは一体何なのか、

など、

様々なことに対して、

子供に問いかけます。

子供が答えを出したら、

その考えを尊重しつつ、

正しい答えや、

自分の考えを言います。

答えを言わないことも多いです。

自分で考えさせ、

調べさせるということをさせるためです。

カッコイイ父親は子供になんでも与えるということをしません。

ある程度のことを与えたら、

後は自力で向上していけるようになって欲しい、

そう願っています。

親としての優しさと厳しさが見えるその態度は、

他人から見ると、

理想の父親像そのものであると言っても、

過言ではありません。

自然と、

カッコイイと、

思われるわけです。

【4】縛り付けたりはしないが見守っている

カッコイイ父親は、

行動に余裕があります。

子供に対しても、

余裕を持って接しています。

また、

子供のことを真剣に考えています。

そのため、

子供のことを見守る態度をとります。

子供を縛り付けることは、

誰にでもできることです。

思考停止して行うことができ、

はっきりいって楽です。

カッコイイ父親は、

そういうことをしません。

たとえ面倒でも、

子供に能動的に動いてもらうようにして、

後は見守るという形をとります。

子供が明らかな過ちを犯したときは、

父親としてきちんと叱りますが、

口を出すことではないと思ったら、

静かに見守ります。

その安定感が、

カッコイイのです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.