Menu
Close 

   

やり手営業職の男性の特徴4つ

 

Sponsored Link

【1】相手の心情を読み取るのが上手い

やり手営業職の男性は、

相手の心情を読み取るのが上手いです。

相手が今どういう気持ちで、

何を考えているのか、

よく見えています。

営業職は、

相手の感情を読み取って、

今何を必要としているのか見極める必要があります。

やり手と言われるような人たちは、

みんな相手の細かい感情の揺れ動きに敏感です。

話していることの内容はもちろんのこと、

声のトーンや、

視線、

体の動きなど、

その全てを情報源としています。

普通の人に比べてアンテナが鋭いんです。

他の人が気づかないようなことに気づき、

気を利かせることができるため、

相手に気に入ってもらえて、

契約をたくさんとってくることができます。

【2】会話をしていて楽しい

営業職は、

相手に合わせて会話の内容を変える必要があります。

どんなことに興味があるのか探りながら、

トークを展開していきます。

また、

営業職は話の引き出しが多いだけでなく、

相手に会話のテンポをあわせることが上手いです。

人は、

自分とテンポのあう人間を好む傾向があります。

逆に自分と異なるテンポの人間と話していると、

ストレスを感じてしまうのです。

やり手営業職の男性は、

そのことを経験で知っています。

やり手営業職は相手の好む話題を提供しつつ、

相手が話しやすいテンポに合わせて話すことで、

気分良く話させることができます。

やり手営業職と話して楽しいのは、

このような理由があるわけです。

Sponsored Link

【3】友達が多い

やり手営業職の男性は、

友達が多いです。

出身学校や会社の同僚だけではありません。

色々な業界に友達がいます。

また、

年上年下関係なく、

友達を作ることができます。

誰とでも仲良くなれるために、

仕事でも色々な人に対応することができます。

周りからすれば、

そんなに友達が多くてどうするのと言いたくなるくらい、

たくさんの友達がいます。

しかも、

一人一人のことをきちんと覚えています。

また、

困ったときはその人脈を生かして、

人に助けてもらっています。

やり手営業職は人のつながりを大切にしつつ、

うまく自分の役に立つようにしているのです。

【4】結果を重要視する

やり手営業職は、

結果を重視します。

どれだけ頑張ったとしても、

結果が出なければ意味がないからです。

結果を出している部下をほめ、

自分自身も結果を出そうと日々努力しています。

どうやったら最高の結果を出すことができるのか、

いつも考えています。

たとえ周りからほめられたとしても、

自分の中で納得のいく結果が出ていない場合は、

決して満足することはありません。

どうして思うような結果が出なかったのか、

すぐに原因を見つけようとします。

そして、

改善できることはないか、

今一体何ができるのか、

ということを考えます。

そのような妥協のない姿勢が、

やり手と言われるほどの結果を出すことにつながるのです。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.