Menu
Close 

   

女性恐怖症を持つ男性の特徴4つ

 

Sponsored Link

【1】過去の交際相手に嫌なことをされた

元々は女性恐怖症ではなかったのに、

過去に女性にひどいことをされて、

女性のことが怖くなってしまったというパターンです。

過去の交際相手に二股をされたとか、

騙されてお金をとられたとか、

心の傷として大きく残るようなことを、

女性にされたせいで、

立ち直ることができていません。

トラウマとなっているわけです。

過去の交際相手のせいで、

その過去の交際相手だけではなく、

女性全体がダメになっています。

犬にかまれた経験がある人が、

犬そのものを嫌うようになるのと、

同じようなものです。

嫌な経験が心の中にこびりついて、

いつまでも離れません。

そのとき受けたストレスを、

想起してしまうため、

女性とまともに関わることが、

できなくなっています。

【2】女性をある種神聖なものと思っている

女性のことを、

神聖視しすぎて、

まともにコミュニケーションをとれなくなってしまった、

というパターンです。

自分が神聖だと思っているものとは、

目をあわせることも恐れ多いですよね。

近づいてはいけない、

自分なんかがまともに関わってはいけないと思ってしまいます。

そのような意識が自分のことを支配しているために、

女性とまともに関われなくなっています。

女性のことを人として見れなくなっているのです。

Sponsored Link

【3】女性と1対1で話すのが苦手

女性恐怖症の人は、

当然女性のことが苦手なので、

女性と1対1で話すことを最も苦手とします。

1対1で話すとなると、

ある程度近づく必要があります。

お互いに目を合わせる必要があります。

女性に近づくだけでも苦痛なのに、

1対1でずっと見られながら、

コミュニケーションをとらなければならないという状況は、

想像もできないような、

大きなストレスになります。

いまいちピンと来ないという人は、

自分が姿を見たくもないような、

この世で一番苦手なものを想像すればいいでしょう。

その苦手なものと対面して会話をするように、

強要されている状況なのです。

そう考えると、

そのつらさを共感することができるでしょう。

【4】女性と話すと赤面してしまう

女性恐怖症の男性の中には、

女性と話すと赤面してしまうという人がいます。

女性を恐怖するのと同時に、

恥ずかしいという気持ちがわいて出ています。

目の前に女性がいて、

その女性と会話をしながら、

じっと見られているということを強く意識してしまい、

平常心を失っています。

恥ずかしさが勝った結果、

顔を真っ赤にしてしまいます。

自分ではどうしようもなく、

コントロールすることができません。

顔が赤くなるだけでなく、

体全体が火照るような症状になり、

頭が真っ白になります。

しどろもどろになって、

まともにトークができません。

周りは、

恥ずかしがるなとか、

かわいいなどと思うかもしれませんが、

本人は必死です。

一刻も早く、

この場から離れたいと思っています。

 

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2018 All Rights Reserved.