Menu
Close 

   

他人の悪口や陰口ばかり言う人の特徴と心理

 

あなたの周りにも人の悪口ばかりを

言っている人はいませんか?

 

仮に普段言っていなくても

時には親しくなってから

卑屈な性格だったと

分かることもあります。

 

今回は悪口ばかりを言う人の

特徴と心理状態について

深掘りしていきます。

 

【1】プライドが妙に高い

人の悪口を言う人というのは

変にプライドが高いことが多いです。

 

これは他人と自分を比較してしまい、

他人が自分よりも優れているが

気に入らないことから

相手を卑下することで

自分を納得させているという

心理が働いている可能性があります。

 

変にプライドが高いと

相手の悪口を言うことで

自分を優位にしてしまうのですが、

本人が自覚していることは

ほとんどありません。

 

【2】ストレスを抱えている

私生活が上手くいっていなかったり、

純粋にむしゃむしゃしていたり、

何か不満を溜め込んでいることが多いです。

 

それで悪口や不平不満を漏らすのは

良くないことですが、

セルフマネジメントができずに

他人に当たってしまうと

弱い人と受け取ることもできます。

 

支えてあげる側に

回ることもできますが、

パートナーとしては

苦労が多くなるのは

間違いないでしょう。

 

【3】気持ちに余裕がない

すぐに文句を言うような人は

気持ちに余裕がなく、

他人の気持ちまで

考えることができません。

 

そのため、何かを人に

なすりつけたり、

つい悪いことを

言ってしまいがちです。

【4】被害者意識が強い

大したことでもないのに

悪口を言ってしまう場合は

根幹の部分になりますが、

被害者意識が強い可能性が高いです。

 

被害者意識が強いと

意図的でない事故に対しても

『自分への嫌がらせなのでは』

とついついマイナスに

捉えてしまいがちですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

こちらの記事が参考になりましたら、

シェアもぜひよろしくお願い致します。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シャドラボ , 2017 All Rights Reserved.